年取ると早漏のリスク?ダポキセチンの治療とパキシル

早漏が発症しやすい年齢の男性性行為が不慣れな男性に多いとされる早漏ですが、実は年取ることでも発症する確率が上がると指摘されています。
早漏は刺激に敏感になることで、射精までの時間が短すぎてしまう症状です。
まだ女性の身体に慣れていない、性経験の少ない男性によく見られるとされています。
しかし早漏は、年取ると発症しやすくなる、更年期障害の一つの症状としても知られています。
更年期障害になると性欲が落ちる傾向がありますが、性欲と関係なく、神経が過敏になる症状があらわれ、射精までの時間が早まるようになります。
早漏に悩む全ての男性の心強い味方になってくれるのが、ダポキセチンが配合された治療薬です。

プリリジーやスーパーPフォースなどがあります。
セロトニンの量を留めることで、神経が過敏に反応するのを防いでくれます。
これによって早漏の症状が抑えられる仕組みです。
プリリジーは純粋な早漏治療薬ですが、スーパーPフォースにはダポキセチンに加え、勃起不全に効果があるシルデナフィルも含まれています。
早漏と勃起不全の2つの症状がある人に最適な治療薬です。

パキシルという治療薬もあります。
これはダポキセチンではなく、パロキセチン塩酸塩という成分が使われています。
主にうつ病や不安障害の治療で用いられる薬です。
セロトニンが再取り込みされてしまい、濃度が薄まるのを防ぐ効果があります。
この作用によって、気分の落ち込みや悲観的になるといった、精神的なあらゆる症状を和らげることができます。
1日1錠のみの服用です。
服用の負担が少ないのが魅力です。
口の渇きや心臓機能低下を招く心毒性などの副作用が少ないという特徴も持っています。
パキシルは日本国内で普通に処方されている、親しみのある治療薬です。